長島歯科クリニック | インプラント・歯周病・レーザー治療等 | 京浜急行・横浜市営地下鉄 弘明寺駅

ホーム > 歯周病について

歯周病は治ります!我々医療者が治すのでなく、あなたが治すのです。

歯周病というのは「歯を支えている歯周組織(ししゅうそしき)が細菌感染よって破壊される病気」で、言い換えると細菌(プラーク)によって歯周ポケットが深くなることで発症します。歯周組織というのは、歯ぐき、歯槽骨(歯を支えている骨)、歯根膜(歯と歯槽骨の間を結んでいるもの)、セメント質(歯の根の部分をおおっているもの)のことです。

最初は痛みも感じませんが、確実に進行します。

歯周病に関して4つの大切なこと

1)まずは歯周病検査の実施
2)予防プログラムによるプラークの管理(歯ブラシとフロスなどによる):
3)治療の目標は歯周ポケットを浅くする事と上下のかみ合わせの調和
4)定期検診による維持管理


4つのうち一番大事なのは2)です。患者さん自身が本当に治そうと思うと治ります。患者さんの力が75%で医療者の力が25%で歯周病は改善します。

歯周病かどうかを調べるためには?

歯周病は歯周ポケットが深くなることから起こる病気ですが、検査項目は…

以上の4つの項目を総合して客観的に判断していきます。


歯周病はどうしたら治るの?進行させないためには?

歯周ポケットにプラーク(歯垢)がたまって起こる病気(出血、歯ぐきの腫れ)なので、
【1】毎日の患者さんによる歯垢の管理(プラークコントロール):75%
【2】歯科医院での定期的な状況の確認と専門家によるケア:25%
が2大中心となります。


【1】の内容
・当医院では予防プログラムにおいて、各々の患者さんに合ったプラークコントロール(ブラシ、フロス)の仕方を提案しております。
・また必要があれば生活習慣の改善(喫煙、食生活、ストレスなど)もお願いします。


【2】の内容
・ブラッシング方法や生活習慣に問題がないかをアドバイスしていきます。
・患者さんによる歯垢の管理のできない場所を医院で管理します。
・患者さんのモチベーションの確認

歯周病の症状と進み方と治療方針

歯ぐきだけの細菌感染による炎症で歯ぐきが浅い歯周ポケット(3ミリ位)ができます。歯ぐきが腫れて、出血しやすい。歯ぐきを支えている骨には影響がありません。歯ブラシとデンタルフロスできちんと歯垢(プラーク)を管理すれば早期に治ります。当院の予防プログラムの実施

歯周ポケットが深くなり(3~6ミリ)、その中にまで歯石もたまり、歯を支えている骨が半分くらい失っています。患者さんが毎日行う歯ブラシとフロスで歯周ポケットの中の歯垢の管理をします。当院の予防プログラムの実施数ヶ月後に再度歯周ポケットの深さを測り、歯周ポケットが4ミリ以上に残ってしまった所にはレーザー治療、歯ぐきの切開、歯周病のメンテナンスをします。

歯周ポケットが6ミリ以上なり、歯を支える骨がほとんど無くなり、歯は咬めないほどグラグラして歯ぐきが下がる、膿がでるなどの症状もあります。このまま放置すると最後には歯が抜け落ちてしまいます。治療方法は中度歯周病治療+かみ合わせの調整をします。

患者さんの歯周病を治そうとする強い意志が必要です

歯周病治療症例 1

歯周病治療では予防プログラムを受けることによって、6割方は改善されます。
しかし、それでも歯周病が改善されない場合は手術が必要になります。こちらの患者さんは歯周病治療を手術により治したケースです。

歯周病治療症例 2

この患者さんは日頃のブラッシングと病院でのP-MAX(2ヵ月毎)により歯周ポケットが改善されているのがわかります。

※P-MAXとは歯周病治療において歯肉縁下のバイオフィルムを除去し洗浄消毒するときによく使用する器具です。薬液を用いて消毒しながら歯石除去をするときにも使います







長島歯科クリニック TEL.045-743-4170 午前9:30~12:30 午後14:00~19:00 木曜日・日曜日・祝日休診

私たちが本気で歯周病から守ります。

Dr.長島のためになるブログ

ブログトップへ

患者さん体験談

千坂文子さん/70代(横浜市緑区在住)の場合

患者様の体験談を是非ご覧ください。

コーディネイト

予防

維持・管理

審美歯科

検査・診断

技術

矯正歯科

入れ歯(義歯)

診療日時

facebook
携帯サイト

ページの先頭へ