一般歯科

長島歯科クリニックでは治療をはじめるにあたり、患者さんのお口の中の状態をお調べし、必要な治療方法について十分に説明を行います。 私(長島)は患者さんを自分とは異なる独自の価値観、考え方をもった方であることを尊重して、インタビューに心がけております。
特に次の事を聴くようにしております。

① 現状について何が問題なのかについての患者さんの考えや感情

② その問題についての患者さんの感じ方、特に口の中対する将来への不安

③ その問題に対する歯科治療への期待 患者さんと医療者との垣根(ギャップ)をとるようにしております。

治療の流れ

コンサルティング(初診)

当院では、「歯のコンサルティング」を標榜しています。まず、専用のカウンセリングスペースにて患者さんの症状、ご要望等をうかがいます。その際、歯の仕組みや今後の進め方などをじっくりと話し合います。

主訴の処置・検査

痛みがひどい場合や緊急の処置が必要な場合は、その部分を緩和する処置を行います。また、レントゲンなどを使用し、必要な情報を収集します。病巣の状態を多角的に確認し、治療箇所を特定していきます。

診断・治療

検査内容を基に現状と治療の方針をご説明し、より具体的な治療計画を立てます。いくつかの治療方法がある場合には、そちらもご提示します。
治療の際には十分なご説明をいたしますが、気になる点はお気軽にご質問ください。

定期健診・予防

虫歯や歯周病にならないために最も大事なことは日々の「予防」です。半年に1度はご来院していただき、歯周組織・歯・修復物のチェックを行うことをおすすめします。

当院で行う虫歯治療について

虫歯とは?

虫歯とは、お口の中の虫歯菌が作り出す歯垢(プラーク)によって酸が生成され、これによって歯が溶かされてしまう病気です。虫歯は自然に治ることがなく、放っておくと症状は進むばかりとなります。また、症状がひどくなった場合は虫歯の進行を止めるため、歯を削る必要性も出てくるかもしれません。
しかし、なるべくなら歯は削りたくありませんよね?そのためにも、まずはしっかりとお口の予防管理を行い、虫歯や歯周病がこれ以上悪くしない意識を持つことが大切です。悪くなってしまった部分は、最小限の治療を行いましょう。

虫歯の進行段階と治療法

虫歯は通常、程度によってC0~C4の段階に分類されます。

C0: 脱灰

【症状】
この段階の虫歯に痛みはなく、自覚症状もありません。

【治療方法】
適切なブラッシングと予防処置により、再石灰化して治すことができます。

C1: エナメル質の虫歯

【症状】
歯の表面(エナメル質)の虫歯です。痛みは少ないですが、放っておけば虫歯が悪化してしまう状態です。

【治療方法】
エナメル質を一層削り、CR(コンポジットレジン)というプラスチック系の材料を詰めて治療を行います。

C2: 象牙質の虫歯

【症状】
歯の中(象牙質)の虫歯です。冷たいものや甘いものを飲食する時にしみる・痛むなどの症状が現れます。

【治療方法】
治療は虫歯部分を削り、主に部分的な詰め物(インレー)で保護します。

C3: 神経まで進行した虫歯

【症状】
歯虫歯が神経にまで到達すると、激しい痛みが生じます。

【治療方法】
虫歯に侵された神経を取り、全体的な被せ物(クラウン)を装着します。

補綴についてはこちら

C4: 歯根のむし歯

【症状】
歯の根まで虫歯が進行すると、化膿して膿が溜まります。

【治療方法】
抜歯が必要となる場合があります。その後、入れ歯やインプラントなどによって歯の機能を回復します。

義歯・入れ歯についてはこちら インプラントについてはこちら

根管治療

虫歯とは虫歯菌が作り出す酸によって歯が溶かされる事で発生します。レーザーにより歯の表面を照射し、フッ素を塗ることで酸に溶けにくい歯をつくることができます。レーザーとフッ素で強化した歯は通常の歯よりも約10倍虫歯に対して強くなります。しかし全く虫歯にならないわけではありません。毎日のブラッシング、歯のケアが大切なことに変わりはありません。

お口の中は食事をしたり、砂糖の入った飲み物を飲んだりすると酸性が強くなり、歯の表面のエナメル質が溶け始めます。Nd:YAGパルスレーザーでエナメル質を照射しフッ素を塗ると、通常より10倍ほど酸に溶けにくくなります。また虫歯になりかけの部分はこの方法で元通りのきれいな歯に戻すことができます。

レーザー治療の詳細を見る